週刊ワイン

週刊ワイン

飲んだワインの備忘録。

Indomita Zardoz Ultra Premium 2018

チリのワインと言うと、リーズナブルで美味しいというイメージがあります。 そんな中、今回は単価4,000円ほどのチリのプレミアムワインをいただきます。 とはいえ、セットの中の一本なので、お財布には優しいです。 インドミタという生産者で、公式ページは…

Champagne Charles Tibert Brut Blanc de Noirs

今回は、日々のちょっとした喜びを祝してシャンパンを開けます。 シャンパンは値段が高めで、普段飲みにはややハードルが高いです。 でも、先日購入したシャンパーニュ10本セットだと一本あたり税込み2,500円弱と、かなり懐に優しい価格。 ではテイスティン…

TANNAT PARADOX Madiran 2017

前回に引き続き、フランス南西地方のワインです。 マディランは、カオールよりも、ピレネーに近いところにあり、タナを40%から 60%に、カベルネ・ソーヴィニョンやカベルネ・フランなどを混ぜた赤ワインが 作られます。 タナという品種は、フランス南西地…

Vieux Chene Cahors San Soufre 2018

今回はこちら。 カオールは、フランスの南西地区のAOCです。 コットというブドウ品種を主体にした赤ワインが作られます。 フランスの他の地方においては、ボルドーで補助品種として使われることもあるようです。 アルゼンチンのマルベックと同じ品種で、知名…

Lodge Hill Riesling

今回はオーストラリアからリースリングを選択。 以前、同じくオーストラリアのリースリングをいただきましたが、今回は産地違いです。 ワインの産地は南オーストラリア州のクレア・ヴァレー。 イーデン・ヴァレーと並び、オーストラリアにおけるリースリング…

Kisvin シャルドネ 2017

最近はシャルドネが続いています。 今回は日本のシャルドネということで、キスヴィンワイナリーから。 以前にジンファンデルをいただきました。 その時には自分の心にもうひとつ響かなかったのですが、品種を変えて再挑戦します。 外観は明るいレモンイエロ…

VIGNERONS DE BUXY MONTAGNY 1ER CRU LES CHANIOTS 2018

ブルゴーニュを連投です。 前回のマコネ地区より北のコート・シャロネーズ地区の一本。 モンタニーは、シャルドネから作る白ワインのみ生産可能なAOCです。 生産者は、カーヴ・デ・ヴィニュロン・ド・ビュクシー。 1931年に98人の生産者によって設立された生…

Saint Veran Les Sentinelles 2017

今回はブルゴーニュ、サン・ヴェランからの一本。 サン・ヴェランは、マコネ地区にあります。 場所はこちら。村の名前はSaint-Vérandですが、AOC名はSaint-Veranとなっており、なぜか「d」がありません。 生産者はマコン地区の協同組合。 公式ページはこちら…

Gelso Nero 2018

今回はこちら。イタリアのプーリアからの一本。 プーリア州は、イタリアの国の形をブーツとすると、かかとにあたるところにあります。 生産者はPodere 29。 2007年の設立と、まだ新しいワイナリーのようです。 公式ページはこちらから。 イタリア語と英語、…

Vinas Del Vero Somontano Gewurztraminer 2019

今回はスペインから。 ワインが作られたのはスペインの北東部。ピレネー山脈の麓にあります。 「somontano」というのはスペイン語で山麓という意味。そのまんまですね。 生産者はヴィニャス・デル・ヴェロ。 1986年にソモンターノで設立されました。 グーグ…

Domaine Masse Givry Le Village Rouge 2018

今回は、ジヴリのピノ・ノワール。 ジヴリというのは、先日のモンタニーよりも北で、コート・シャロネーズ地区の真ん中ほどに位置します。 モンタニーは白ワインのみ生産できましたが、ジヴリは赤白ともに生産可能。ただし、主体は赤ワインです。 ジヴリは、…

Paul Jaboulet Aine Syrah 2017

今回はこちらのワイン。 2018年旨安大賞ワインに選ばれているそうです。 生産者はポール・ジャブレ・エネ。 1834年に設立されました。 フラッグシップはラ・シャペル。過去にはパーカーポイントで100点も獲得しています。 ※今買えるものですと、お値段はだい…

Spier Sauvignon Blanc 2020

今回は、南アフリカの大手生産者というスピアーワインズからの一本。 設立は1692年と、かなりの歴史を持つ生産者です。 公式ページはこちら。 Home | Spier Wine Farm ホテルや会議、さらには結婚式もできて、そのうえアートコレクションも所有。 ついでに、…

モエ・エ・シャンドン訪問

シャンパーニュ地方訪問 2019年の夏、シャンパンメゾンに行きました。 その様子を振り返ります。 モエ・エ・シャンドン 最初に向かったのは、フランスのエペルネ。 シャンパーニュ地方の中心都市ランスから車で30分ほど南に位置しています。 ランスからエペ…

Rue de Vin ピノ・ノワール 2018

今回は日本のピノノワールです。 Rue de Vinは、長野県東御市にあるワイナリーです。 会社の設立は2008年で、2018年時点で5.8haの畑を所有されているようです。 公式ページはこちら Rue de Vin(リュードヴァン) - 長野県東御市のワイン 公式ページにも畑の…

Langmeil Wattle Brae Eden Valley Dry Riesling 2017

今回のワインはオーストラリアから。 南オーストラリア州のリースリングです。 南オーストラリア州にはいくつか重要な産地があります。 中でも、クレアヴァレー(Clare Valley)とイーデンヴァレー(Eden Valley)は、リースリングの重要な産地とされており…

Barista Pinotage 2019

ピノタージュ 今回は南アフリカのワインからピノタージュを使った一本。 このピノタージュというのは、南アフリカでつくられた品種です。 1925年にピノ・ノワールとサンソーを交配して生まれました。 もうすぐ誕生から100年になりますね。 その栽培の歴史は…

Summerhouse Marlborough Pinot Noir 2016

今回はニュージーランドのワインです。 こちらのSummerhouseというワイナリーは、スプリング・クリーク・ヴィントナーズ・トレーディング社が保有する家族経営のワイナリー。 イギリスで開催されるInternational Wine & Spirit Competition 2015で、「ニュー…

Chateau Val de Roc Bordeaux supérieur 2015

オーゾンヌを求めて 2,000円までで買えるボルドーのワインを探していたところ、目に留まったのが こちらの1本です。 生産者はChateau Val de Roc。 設立者のローラン・ヴァレ氏は、シャトー オーゾンヌの栽培責任者だそうです。 オーゾンヌは当然のことなが…

モンテスアルファ カベルネソーヴィニヨン 2018

再びモンテスアルファ 本日のワインはチリのカベルネソーヴィニヨン。 先日のシャルドネと一緒に、カルディのセールにて購入しました。 シャルドネの記録はこちら モンテスアルファ シャルドネ 2016 - 週刊ワイン さて、こちらの2018のヴィンテージ。 エノテ…

Estelle et Cyrille BONGIRAUD Obecanje 2013

セルビアワイン 今回はセルビアのワイン。 ボンジローのオベチャニエです。 オベチャニエは、セルビア語で約束を意味するそう。 ワインに関する本でも、セルビアワインの記述は見たことがないと思います。で、インターネットで簡単に調べた内容をまとめると…

Kisvin ジンファンデルロゼ 2018

今日の1本はこちら。 Kisvin Winery 2013年に山梨県に誕生した新しいワイナリー。 ワイナリーの概要は公式ページがあるので、そちらをご覧いただくとして。http://www.kisvin.co.jp/ 数年前に、日本で注目のワイナリーという記事を目にして以来、興味があっ…

モンテスアルファ シャルドネ 2016

ブログ開設1本目 何にしようか迷った挙句、無難にこの1本を選択。 チリワインと言えば1,000円少々で買える「コノスル」がありますが、こちらの「モンテス アルファ」はもう少し高価格の定価2,000円超。とは言え、実売は1,000円後半です。私はカルディの周…

お問い合わせ

読み込んでいます…

プライバシーポリシー

個人情報の利用目的当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていた…

スポンサーリンク